• クリニック玲タケダ

    〒151-0071 東京都渋谷区本町1-52-2Kビル3F

  • WEB受付はこちら

治療法や自分でできるマッサージ

月経困難症の西洋医学的治療

痛み物質であるプロスタグランディンを抑える、いわゆる痛み止め(抗プロスタグランディン剤)がよく使われます。(商品名、ポンタール、インダシン、ナイキサン、ブルフェン、ボルタレンなど)これらの薬は、解熱作用や排卵をおさえる作用があり、短期の使用はやむをえないとしても、長期間、または多量に飲むことはおすすめできません。 
ピルも最近では、月経痛に効く生活改善薬と称して、ピルをすすめる医師達により宣伝されています。わたしはこの考えに賛成できません。くわしい科学的理由は“ピルの危険なはなし”をお読みいただきたいのですが、月経期間の痛みをとることのため、一ヶ月まるまる化学薬品に体や心を委ねてしまうことに疑問があるからです。女性は月経周期と共に、免疫力や感性も微妙に変化しています。この変化を楽しむことが女性の特権であり、女性の健康の源になりうるのです。この権利を放棄することが、ピルを飲むことです。排卵を抑えるピルによる月経(もどき)は病的な出血であり、だからこそ出血量も少なく、痛み物質プロスタグランディンの量も少ないのです。
本当の治療は、排卵のある月経がきちんと来て、しかも痛まないということです。

漢方医学の考え方

漢方医学では、月経困難(月経痛)は、体全体の機能の異常が、たまたま、月経異常というかたちをとって表われていると考えています。ですから、治療の目標は、体全体を健康にするということです。体が健康になれば、月経はきちんとやってきて、しかも痛まないのです。
(この考え方からすると、ピルを飲んで月経を病的な無排卵状態にしたり、ダナゾ-ルやスプレキュァなどで月経をとめたり痛みどめを飲み続けるなどというのは、治療とはいえず、新しい病気をつくっているといえるのです。)

漢方の診断法 薬はオーダーメイド

漢方医学では、月経痛が月経周期のどの時期におこるか、痛みの性質、月経血の量、血液の色、おなかをさすられるのを好むかどうか、むくむかどうか、暖めると痛みが軽くなるかどうか、おなかが張る感じや腸内のガスなどを総合して診断し、薬を決めます。ほっそりしているか、がっちりしているかというからだつきの特徴や肌の色も重要な決め手です。(漢方の言葉では、気、血、水の虚実、鬱滞などによって言い表されます。これについては章で説明しています。)また、同じ人でも時期によって状態が異なり、それによって薬が変化します。
ですから、漢方では、薬はいわばオーダーメイドで、その人に応じ、また、その時期に応じた処方が必要です。ここでは、わたしのクリニックでよく使う二三の処方をあげることにします。でも、できるだけ受診してください。そうして、あなたにあったを薬を一緒にみつけましょう。

痛みをなんとかしたい

月経痛でこられる方の大部分は、次の月経のときに、あの痛みをどう避けようと悩んでおられる方です。そこで、次の月経がもうすぐくる時には、なるべく即効性のある、痛みを止める作用の強い薬をおだしします。

安中散と疎経活血湯

これらの薬を痛みがはじまる少し前から飲むことをおすすめしています。これらの薬は、根本的な体の改善より、どちらかというと痛み止めの作用を重視して処方しています。それでも、たとえば安中散は、痛み止めの作用の他、弱いながら、体を温める作用もあります。疎経活血湯も痛みを止める作用が主なのですが、血管を広げ、血流を良くし、体の組織の間にたまった水分を取り去る作用や体を温める作用があります。貧血を治し、消化管の働きを助ける作用をもつ生薬も含まれています。
この中でみなさんにもおなじみの生薬は、安中散では、桂皮(ニッキ)、ウイキョウ、良姜(生姜のなかま)でいずれも体を温めます。疎経活血湯の中では温め、むくみをとる生薬でみなさんにおなじみのものはないのですが、女性の自律神経や内分泌系のトラブル(冷え、月経不順、産後あるいは流産後の回復など)によく使われる四物湯という薬の成分(川キュウ、トウキ、芍薬、地黄)がすべて含まれています。その他、血液をきれいにする作用をもつ桃仁(桃の種にある仁)や、胃の調子をととのえる生姜が入っています。ふらつき、めまい、ふるえ、けいれん、頭痛、しびれをおさえ痛みをとめるリンドウの根が、疎経活血湯には、また、おなじ作用をもつ牡蛎(かきの殻)が安中散には、入っています。

痛い時、いろいろな漢方薬と合わせて使うのは、芍薬とカンゾウです

芍薬とカンゾウ(甘草)をあわせたものを芍薬甘草湯といって、筋肉のけいれんを止めて、痛みを止めます。この場合の芍薬は白芍薬で痛みを止める作用の他、血液を造る作用(補血作用)があります。カンゾウはその甘さを利用して、醤油などの食品添加物としても使われています。生のカンゾウではなく、炒ったカンゾウ(シャカンゾウ)が、芍薬甘草湯の構成成分であるはずなのですが、エキス剤の芍薬甘草湯では、生のカンゾウが使われています。この組み合わせでも痛み止めには、効きますが、シャカンゾウの方が、白芍薬の吸収を助け、全体として、月経困難の痛みには優れた効果があるのです。ですから、エキス剤の芍薬甘草湯の薬の効き目がもうひとつという時、自分で作ってみるのもおすすめです。

自分でできるいくつかの方法

ここで少し寄り道をして、比較的簡単に手に入る生薬やハーブを紹介しましょう。

芍薬甘草湯の作り方

中華料理の食材のお店で、芍薬とカンゾウを買いましょう。生のカンゾウはフライパンで弱火で焦がさないように炒ってください。6グラムずつ、600ミリリットルの水にいれて、半分になるまで、煮つめましょう。あと、茶漉しでこして飲んでください。

コメントを残す