• クリニック玲タケダ

    〒151-0071 東京都渋谷区本町1-52-2Kビル3F

  • WEB受付はこちら

中高年は魚を!妊産婦こどもはとりすぎに注意!

魚をたくさん食べましょうというのが最近の健康ニュースでよくある記事です。わたしたち日本人は魚や貝の好きな国民です。刺し身やてんぷら、煮魚、焼き魚、オイル漬け、発酵させるなどいろいろな形で魚を食べます。味噌汁や澄まし汁などにも魚のダシは欠かせません。油の乗ったトロや東京湾でとれる、江戸前のアナゴなど高価ですが人気のあるご馳走です。土用の丑の日には多くの人々が暑さを乗りきって元気で過ごす為、うなぎをたべます。摂南大学の宮田氏らの調査では、日本人は魚や貝を一日平均90グラム食べていますが、ドイツでは15グラム(ベックらによる)、カナダでは2グラム(バーミンガムらによる)です。 
アメリカ心臓協会(AHA)は、健康な人は心疾患を予防する為に、魚類をとるべきという食事摂取ガイドラインをだしていました。健康な成人は、サバ、鱒、ニシン、イワシ、マグロ、鮭などを週2食分以上摂るようにすすめてきたのです。これらの魚にはω3系脂肪酸であるイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富に含まれているからです。EPAやDHAは植物由来のω3系脂肪酸であるαリノレン酸から 
魚やヒトの体内でつくられます。αリノレン酸は、大豆、小豆、エゴマ、菜種油、ジャガイモ、えんどう豆、かぼちゃ、シュンギク、こまつな、紫蘇などに多く含まれています。 
このガイドラインは、アメリカ環境保護局(EPA)とアメリカ食品医薬品安全局(FDA)が最近公表した、魚介類汚染の現状にたいする注意点も考慮して改訂されました。(EPAとFDAは魚がメチル水銀に汚染されていることから、魚は一週間に(標準体重の人で)340グラム程度で、汚染が少ないさまざまな種類のものを食べるように勧告しているのです。) 
ω3系脂肪酸は脂質として優れているだけでなく、心臓にも好ましい影響を与える。ω3系脂肪酸の摂取により、心筋梗塞の原因になる血栓が形成されにくくなり、心臓突然死の引き金になる不整脈の予防にも関係する。と、勧告はのべています。しかし、どういう時期に、誰が摂るかが問題です。こどもや妊婦、授乳期の女性は、魚を食べることで過剰な量の水銀にさらされる危険を考えなければなりません。こどもや妊婦、授乳期の女性は、いっぱんに心血管疾患の低リスクグループなので、汚染のおそれのある魚を避けることがより優先されるというのです。一方、中高年男性や、閉経後女性では、ガイドラインで示された範囲内で魚を食べることがリスクをはるかに上回るのというのです。 
日本の場合、海のダイオキシン汚染は深刻で、ダイオキシン摂取についての注意を含めたガイドラインが必要でしょう。このことはいずれお話しましょう。次回は脂肪のとりかたについて。

(注)アメリカの場合標準体重は70kgですが、日本では50kgです。
(注)ω3系脂肪酸生きていくのに必要な不飽和脂肪酸で、ヒトの体内で合成が出来ない必須脂肪酸のひとつ。必須脂肪酸にはω3系脂肪酸、ω6系脂肪酸があるが、ω3、ω6は二重結合の位置によって付けられた名前。二重結合があると脂肪は植物油や魚油のように常温で液体になります。

コメントを残す