• クリニック玲タケダ

    〒151-0071 東京都渋谷区本町1-52-2Kビル3F

  • WEB受付はこちら

ワクチンについて

  • TOP
  • ワクチンについて

HPV感染と子宮頸がんの関係

HPV(ヒトパピローマウイルス)は、100種類程あり、型で区別します。ある型のHPVが頸がんの原因です。日本では当初2価(16型と18型)のワクチンが認可され、その後3価のワクチン(6型、16型、18型)のワクチンが認可されました。HPVの持続感染により10%程度でHPVが子宮頚部の上皮細胞に侵入し、核を変性させて異型性を起こします。程度が軽い場合は大部分が自然に治癒していきます。高度に異形成を起こした細胞のみが、数年から10数年後に上皮内がん(上皮1層のがん)へと進行します。

ワクチンは最善の方法か?

HPVウイルス感染は全身的ではなく局所的です。皮膚表面に取り付いて感染が起こり、持続感染の時でも抗体はできず、再度感染することもあります。持続感染は免疫機能が低下した時、特定の白血球抗原(HLA抗原)をもつ遺伝的要素、衛生状態も関与して起こります。免疫機能の低下するエイズ(AIDS)の患者では高い確率で子宮頸がんが見られます。
衛生状態の改善は、大幅にリスクを減らします。1950年半ばの日本では子宮頸がんによる死亡率は2008年に比べ4倍も多かったのです。減少しているのは、各家庭に風呂が普及してきた為とする説もあります。
従来60歳代以降に多く見られた子宮頸がんの罹患率や死亡率が、最近は20歳代後半から40歳前半まで上昇しているという事です。この一因にもピルにより子宮頸がんのリスクは1.3倍から2倍に増えます。ピル服用者にはクラミジアやカンジタの感染が多く、頸部にHPVが持続感染しやすい事も考えられます。
頸がんの予防はまず検診(細胞の検査)を受けることです。アメリカでの検診受診率は80%ですが、日本では15%以下です。若い人の受診が大切です。2004年から検診年齢が20歳から2年おきになりました。受診すれば子宮頸がん予防にとても役立ちます。

日本で認可されたワクチンは?

2価のワクチンは16型、18型の2種類のウイルスが全世界の子宮頸がんの70%の原因となっており、この感染予防の為に開発されました。
日本の調査では子宮頸がん発生に16型、18型以外のウイルスも多く見られワクチンの効果は不明です。ワクチンはタンパク粒子(イラクサギンウワバ細胞から遺伝子組み換えで作成)と免疫反応の効果を高める為のアジュバントとして3-脱アシル化-4-モノホスホリルリピッドA(MPL)と水酸化アルミニウムが添加されています。他に添加物のph調整剤、安定剤が入っています。
最近認可された3価のワクチンは、酵母から遺伝子組み換えによって作りだされたHPVウイルス様タンパクに、アジュバント添加物としてアルミニウム化合物や安定剤、緩衝剤の化学物質が入っています。水酸化アルミニウムはマウスの脳内運動ニューロンを死滅させることが報告されました。人の脳はマウスより脆弱です。ワクチンの接種によって脳機能を破壊する可能性があります。

ワクチンの働きのしくみ

HPVワクチンはインフルエンザ、麻疹などのワクチンと異なります。普通はワクチン接種により免疫記憶が与えられ、ウイルスが侵入して増殖が起こると免疫機能を呼び覚まさせ、免疫系が立ち上がり、ウイルス全身への増殖拡大を抑え、発症を防ぎます。ところがHPVは、局所の感染で一次増殖を経ずに持続感染の状態となるので、ワクチンで誘導された抗体は常に生殖器粘膜に存在して感染を防ぐ必要があります。多くのワクチンは発症予防を目指すのに対して、HPVワクチンは感染予防を目指します。血中の抗HPV抗体が生殖器粘膜に浸出することでHPV感染を阻害すると考えられますが、接種後20年、30年して感染防御に必要な抗HPV抗体の浸出状態が保たれるかは現時点では不明です。

頸がんワクチンは本当に必要?

HPVは表面のみの感染です。インフルエンザで鼻汁やくしゃみが手に着いたとき手を洗います。子宮頸部の感染の場合もウイルスを物理的に取り除くことでウイルスは除去できます。効果の不明なワクチンを体に負担を与えて接種することは最善の手段でしょうか?頸がんは衛生状態が向上すると減少するので、予防に抗ウイルス作用のある薬草等で洗うのも効果的です。
性経験のない子どもに頸がんの予防と言って効果不明のワクチンを接種する必要がなく、性行動を始めた後、性教育をした後でも遅くはないのです。

現状の頸がんワクチンは不要です!

前回は、HPVワクチンと子宮頸がんの関係をお話しました。頸がんを引き起こすHPVは性行為によって感染し、持続感染によってがんが発生すると考えられています。一時的に感染しても免疫が低下していなければ、HPVウイルスは自然にいなくなってしまいます。
世界的には16型と18型のHPVウイルスが頸がん発症の70%を占めています。今認証されているワクチン「サーバリックス」はこの16型と18型に対するものであり、「ガーダシル」は尖圭コンジローマも予防するとして6型と11型を加えています。日本では16型と18型のHPVウイルスが占める割合はせいぜい43%です。

頸がんワクチンの特徴

HPVは、局所の感染で一次増殖を経ずに持続感染の状態となるので、ワクチンで誘導された抗体は常に生殖器粘膜に存在して感染を防ぐ必要があります。したがって抗体のレベルが長期間維持されることが重要です。血中の抗HPV抗体が生殖器粘膜に浸出することでHPV完成を阻害すると考えられます。「接種から20~30年後の40~50歳代の女性での抗HPV抗体の滲出状態も含めて感染防御に必要な抗体レベルは現時点では不明です。」これが国立感染症研究所が平成22年7月7日に出したファクトシートの記録です。(一部著者改変)。
言いかえるとHPVワクチンは血液中にHPVウイルスの抗体を作り、その抗体が子宮頸部の皮膚の細胞に入り込む事を防ぐ目的で作られています。
インフルエンザなどの他のワクチンは、血液中に入り込んだウイルスや細菌を抗体によってやっつけるのを目的に作られています。

アジュバントとは?

HPVワクチンは、ウイルスによく似た構造の物質を血液中に入れて作られる抗体だけでは子宮頸部の皮膚からしみだしたウイルス感染を防ぐ効力が少ないので、アジュバントと呼ばれる不純物を添加して、効果を高めています。

このアジュバントは通常インフルエンザ・ワクチンなどで使われるアジュバントより特別強い作用を持たなければ効果がありません。本来は補助剤であり、働きを強める為に作られたものです。体に細菌が取り付くと細菌は菌体毒素成分を出して細胞を傷つけ体内に侵入します。体は壊れた細胞膜のリン脂質を利用して組織の修復に必要な物質をつくります。組織の修復をする信号を受け止めた組織を元に戻す為の装置(受容体といい、具体的にはトル様受容体やリゾリン脂質受容体です)は全ての細胞に備わっています。

しかしその反応の仕方は、細胞の種類や成長段階により異なっています。最近の毒素菌体成分にあるアジュバント成分を少し弱毒化させた成分がサーバリックスには添加されています。その信号がその個体にとって強すぎる時には異常な反応を起こす事があります。HPVウイルスワクチン投与後の失神、意識喪失は迷走神経の神経節が刺激の強さに異常反応をした為と考えられます。

サーバリックスとガーダシルにはこの他アルミニウム化合物が添加されています。アルミ化合物のアジュバント(アラム)は古くから補助剤として様々なワクチンに添加されています。

アラムはワクチン注射部位に細胞を呼び集め、細胞を殺傷し、宿主のDNAを露出させ網状に広げることで、自然免疫を呼び覚ます働きがあり、ワクチンの効果を高めるものです。もちろん副作用としてアレルギー反応があります。主作用というべき作用もワクチンの効果を高めるこそすれ、体に望ましいものではありません。

アラムも副作用が多く、また長期にわたる作用は検討されていません。とくに成長期にある小児についての研究はありません。

ウイルスは洗浄で除去を

表面のみの感染なのに、体内に「長期にわたる安全性が不明なアジュバント」を含む異物を注入し、前身の抗体を活性化して取り除く事が感染を防ぐ唯一の方法かという疑問が生じます。

私たちは手が汚れたら手を洗います。インフルエンザで鼻汁やくしゃみが手についたら、まず手をよく洗います。子宮頸部の感染の場合も、ウイルスを物理的に取り除くことで除去できると考えられます。

将来にわたっての効果の不明なワクチンを、体に負担を与えてまで接種することは最善の手段ではありません。私がお勧めしている抗ウイルス作用のある生薬(たくさんあります)で洗浄するのならば、副作用がなく、ウイルス感染が起こってからでも可能です。頸がんは衛生状態向上すると少なくなるので、水で洗うのもいいかもしれません。洗浄ならば今回のワクチンのようにまだ性経験のない子どもに頸がんの予防と言って接種する必要はなく、性行動を始める頃、性教育を実施してからでも遅くはないのです。

最近わかってきたこと

頸癌のワクチンの副作用について、多くの被害がでています。しかしその被害が正当に評価されていないのが現状です。最近頸癌ワクチン接種を再開しようとする動きが活発です。このことについて神経内科学を専門にする学者、医師達が異論をとなえています。
これについてまた報告します。

著/大阪大学医学部環境医学教室 武田 玲子

最近のマスコミの報道は、今にも重症のインフルエンザにかかるかもしれないと脅迫しているようです。インフルエンザに効くとされるタミフルやリレンザの有効性や安全性について不安を抱える人もいるでしょう。結果として、新型インフルエンザワクチンができ次第何とか自分にも、うってもらいたいと考えるように誘導している様です。私が一番危惧するのは、健康な妊婦に対するワクチン接種です。

新型H1N1インフルエンザウイルスの特徴

抗インフルエンザ薬のタミフル、リレンザに今のところ感受性があり、早期治療は有効です。(ただし小児への投与や腎透析を受けている人は少量にする必要があるなどの制約があります。妊婦については、抗ウイルス薬の認可に際して行われた臨床実験によると、妊娠した動物に異常を起こすことが判明しています。)しかし、タミフルが効かない(タミフルに耐性を持つ)ウイルスがデンマーク、香港、カナダ、大阪、山口、徳島、岩手などで出現しています。ヒトH1N1亜型ウイルス(ソ連型)とは抗原性が大きく異なる(交差免疫はほとんどない)ので、現在の季節性ワクチンは新型インフルエンザには有効ではありません。新型インフルエンザは季節性インフルエンザよりも伝播力が強いと考えられます。

厚生労働省の新型インフルエンザに対するワクチン政策の考え方

(国立感染症研究所ウイルス第3部、WHOインフルエンザ協力センター田代眞人氏・厚労省意見交換会資料)
1.有効性は100%ではないが、ワクチン接種をしない場合には、健康被害の危険が高い
2.予知できない副作用が出現する可能性がある
3.供給量の限界がある
4.ワクチン接種優先順位を決めておく必要がある
5.有効性が十分に確認されたワクチンを少数者に接種するよりも、有効性が多少不十分なワクチンでも多数に接種した方が、社会全体での流行と健康被害に対する抑制効果は高い
6.緊急時においては、早急にワクチン接種を行う必要がある為、十分な有効性と安全性を確認する為に時間を割くことは不可能である
7.ワクチン接種による健康被害は、ある程度許容せざるを得ない
8.以上の項目を事前に国民に対して十分に説明し、理解を得ておく必要がある

ワクチン製剤の副作用

1.従来のインフルエンザワクチンの副作用
ショック、急性散在性脳髄膜炎、ギランバレー症候群、けいれん、肝機能障害、黄疸、喘息発作

2.防腐剤として使われるチメロサール
防腐剤として使われるチメロサールは、有機水銀であり、神経に対する毒性が懸念されます。ただし、妊婦の希望者はチメロサールが入っていない新型インフルエンザワクチンを接種することができます。

3.輸入ワクチンについて
輸入ワクチンには効力を高めるために、スクアレン油が添加されているものがあります。この副作用は、湾岸戦争症候群(湾岸戦争に従事した兵士が罹患した、関節炎、繊維筋痛症、リンパ節腫脹症、発疹、慢性疲労、脱毛、頭痛、呼吸困難、記憶障害、SLEなど)に似た症状が現れるとされています。
製薬会社は、緊急時であるとして、副作用について免責を求めています。輸入ワクチンについて200人の臨床実験が予定されていますが、この数はあまりに少なすぎます。

妊婦に対するワクチン接種の安全性は確かめられているのか

US-ACIP(アメリカ免疫ワクチン実施勧告委員会)は、歴史的に妊娠中のワクチン接種について懐疑的で、「妊娠中のワクチン接種の安全性については、追加のデータが必要」としてきました。2007年までは、「妊娠女性に接種した時に、胎児に対して危害を加える、あるいは、生殖能力に影響するかは不明である」と警告し続けてきました。ところが、2008年の記述はもっと肯定的な結論に改変されており、「入手できるデータは、インフルエンザワクチンは、妊娠女性に接種した時に胎児に対して危害を加える、あるいは、生殖能力に影響することはないことを示している」と変更しています。このちがいは重要です。ワクチン接種の安全性について、「危害に対する証拠がない」と「危害を与えないという証拠」は全く異なります。後者の表現を可能にするには、非常に多人数についての追跡調査が必要です。妊娠は必ず分娩に至るものではなく、初期に原因不明の流産が起こる事があります。これを自然流産といいます。自然流産率は15%といわれています。ワクチン接種により、1000人あたり1人自然流産が増す(0.1%増す)ことを示す為には、(接種した妊婦200万人とコントロールの妊婦200万人合わせて)400万人が必要です。このような調査は見当たりません。今回の妊婦に対するワクチン接種は大規模な臨床実験といっても良いのです。

日本でも(季節性)インフルエンザワクチンの効能書には、「妊婦の接種に関する安全性は確立していないので、妊婦または、妊娠している可能性のある婦人には、接種しないことを原則とし、予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ接種すること」となっています。では、今回の新型インフルエンザの場合、有益性が危険性を上回るのでしょうか?今回の新型インフルエンザの場合、特に妊娠初期では、否です。新型インフルエンザの先進国における死亡率の予測値は、当初メキシコのデータから予想された0.4%よりずっと低いのです。(euro surveillance Vol.14issue 26.2 July 2009)。それによると、カナダの新型インフルエンザのデータからの予測値は0.0004%から0.003%で、アメリカにおける季節性インフルエンザからの(65歳以下の)予測死亡率(0.004%から0.06%)よりも低いのです。予測値はもちろん様々な制約があるとかんがえられますが、もし、死亡率が増えている国があるとしたら、その原因を明らかにし、改善に努めることが必要です。

インフルエンザワクチンが胎児に及ぼすリスクの可能性

胎児死亡とインフルエンザ罹患の関係は古く、1918年から1919年のスペイン風邪の時に妊娠の停止があったと報告があります。しかし詳細な検討の結果は、胎児死亡と母体のインフルエンザの罹患は関係が見られないということでした。NACI、ACIPともに、妊婦にワクチン接種を勧める理由として、胎児死亡を減らす為とは言っていません。1957年のインフルエンザの世界的大流行の時に妊娠初期と中期でインフルエンザに罹患した患者の出産した子供が、何十年もたった後、統合失調症の発症と関係していると報告され、長い論争が続きました。2004年に、母親のインフルエンザ抗体を計測し子供の統合失調症との関連を調べられました。その結果、母親が妊娠第一期にインフルエンザに罹患すると、オッズ比※1.7(95%信頼限界0.7-75.3)で統合失調症に罹りやすくなり、第二期ではオッズ比1.1(95%信頼限界0.3-3.9)、第三期ではオッズ比1.1(95%信頼限界0.5-2.6)でした。妊娠第一期と二期を合わせるとオッズ比は3.0(95%信頼限界0.9-10.1、p=0.052)でした。動物実験で確かめられたのは、この異常は、ウイルスそのものによるものではなく、母体がウイルスに対して行う、免疫反応が引き起こすものである事がわかったのです。インフルエンザワクチンは、母体に抗体を作るのが目的です。この抗体が胎児の神経細胞を攻撃し胎児の神経系に異常をきたすことは十分考えられます。妊娠中に服用した薬が何十年も後になって異常を引き起こしていることが判るということは、流産防止剤DESの事件を思い出してみれば明らかです。

妊娠と免疫

私たちの体は、自己以外と自己を厳密に区別していて、自己以外を攻撃するようになっています。これが免疫です。妊娠は自分の胎内に他者が存在する特殊な状態です。胎児が攻撃されないように、妊娠中は免疫を低下させて胎児が排除されるのを防いでいます。しかし、免疫の低下は妊娠数週によるものです。妊娠40週を三つに分けると第一期(4週から15週まで)では非妊時と変わらず、第二期(第16週から27週まで)には少しずつ低下し、第三期(28週から39週まで)にはさらに低下し、分娩直前に最低となり分娩後再上昇します。脂肪が報告されるのは第三期が最も多いのです。

アメリカで、2009年4月半ばの間に新型インフルエンザでなくなった妊婦は、6人です。その内訳は、妊婦11週1人、妊婦27週1人、妊婦30週1人、妊婦32週、妊婦35週1人、妊婦36週1人となっています。妊婦11週の人は血栓のできやすい要因の持ち主でした。その他の2人も病気を持っていました。ブラジル、メキシコでの妊婦のインフルエンザによる死亡の詳細は不明です。しかし、これらの国では妊産婦死亡率はとても高いのです。

妊産婦死亡は日本では、2004年には出生10万人に対し4.8人、2008年に10万人に対し3.6人でした。ブラジルでは10万人に対し250人(2000年)でした。メキシコでは50.2人(2003年)です。それに対し妊産婦死亡が3.8人(2004年)と低いオーストラリアでは、冬が過ぎた後の妊婦の死亡(妊娠時期の詳細は不明です)は4人と少なかったのです。オーストラリアでは、新型インフルエンザの死亡率は当初の予想(諸外国における平均値)より低かったのです。死亡が少ないはずの日本で、脳症で死ぬ人が多いとすればその原因も検討すべきです。ボルタレンなどの解熱剤の乱用によるサイトカインストーム※2が起こって、そこにタミフル等の脳に影響を与える抗ウイルス剤を投与した為に呼吸停止が起こることが原因ではないかなど、インフルエンザの経過の取り扱いの差異を詳細に検討する必要もあります。

メキシコでは、人口の50%は医療保険に入れず、インフルエンザにかかったとしても医療を受けられない人がたくさんいます。この人たちは、栄養状態も悪く、免疫力も低下しているでしょうし、薬局でボルタレンなどの解熱剤を買う以外に方法はないのです。

妊娠初期の期間形成期はワクチンを避けるべきです

新型インフルエンザの蔓延が始まったメキシコでは妊婦の死亡が例外的に多いと報告され、日本でも妊婦は優先的に新型インフルエンザワクチンを接種することになりました。

日本では、おそらく妊婦の死亡率は妊産婦死亡率が日本よりもやや低いオーストラリアに比べれば少し高いかもしれません。しかし、ブラジル、メキシコに比べればずっと少ないことが予想されます。ですから、「妊婦の接種に関する安全性は確立していないので、妊婦または、妊娠している可能性のある婦人には、接種しないことを原則とし、予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ接種すること」という厚生労働省がとってきた今迄の原則を変えるべきではありません。しかしながら、10月18日厚生労働省は、季節性と新型のインフルエンザワクチンについて「妊婦には原則接種しない」としていた添付文書の「接種上の注意」の記載を削除することを決めたのです。

ワクチンは治療薬ではありません

ワクチンは、治療薬とは異なり、健康な人に一律に接種するものであり、発病したときに用いる治療薬よりも、長期、短期にわたる副作用が少ないことを前提にすべきです。特に期間形成期である妊娠初期のワクチン接種は現在のところ避けるべきです。

※1  オッズ比とは、その関連の強さの指標で、オッズ比が高いほど、その因子と病気の関連性が高いことを示します。疫学研究における95%信頼区間とは、オッズ比などが95%の確率で存在する範囲を示しています。また、その範囲(95%信頼区間)の上限を上限値、下限を下限値と言います。

※2  サイトカインとは、人間の体の中で作り出される分泌因子で、免疫細胞、つまり白血球やリンパ球の働きを強めたり弱めたりして調節するものです。免疫を最適に保って、外敵を攻撃して体を守ってくれるのです。この免疫の最適バランスが崩れて、たくさんの種類のサイトカインが過剰に放出され、免疫細胞が一斉に活性化され、自分自身への攻撃が起こる。それがサイトカインストームです。

新型インフルエンザにより死亡した妊婦の週数(2004年4~6月、アメリカ)

第1期 第2期 第3期
4~15W 16~27W 28~39W
4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
              1                               1     1   1     1 1     1

妊産婦死亡率(10万人の出生あたりの妊産婦死亡数)

日本 メキシコ ブラジル アメリカ オーストラリア カナダ
年度 2004 2008 2003 2000 2002 2004 2003
妊婦死亡率(人) 4.8 3.6 50.2 260 9.4 3.8 6.9